読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム作りの不安など

こんにちは。更新をさぼりました。
相変わらずシューティングゲームは進んでおります。

ゲーム作ったことは今までありませんでしたので、
最近思うことを少し。。

 

制作途中が全く面白くなくて不安になるね!

 

特に戦術系じゃなくて、気持ちよさ系のゲームだと思うのですが、
なにせ制作途中は爽快感のないこと。
アイディア段階では「それ面白そう☆」と思っていても実装中に、

「これ面白くないんじゃないだろうか?」
「いや実はアニメーションとかついたら面白いのかも?」
「やってみないとわからん。どこまでやればわかるんだ?」

と思いますの。

 

ツール系は「便利さ」とか「使い心地」とか、
機能実装時に確信がある程度あったのですが、

なんだゲーム系の「気持ちよさ」って。曖昧すぎないか。
全部の素材が組み合わさらないとわからなかったりもする。

 

そんな中で、
前を確信を持って見続けられる人
制作してる人が不安でも、大丈夫だよ。
って自信を持って言える人って重要ですね。

 

で、シューティングは私は「不安」パートにいて、
数人で作ってるからふわっと考えてたのですが、
言い出しっぺとしては私くらいは確信を持たないとまずいと思った次第です。

後日談?

作ってると不安になるから自信もっていかないとねー
と一緒に作ってる人に話してたら、あっさりと、

「私は面白いの作ってると思っているよ」

的なことを言われて、あらま。
不安に思ったらとりあえず自分でなんとかするとかじゃなくて、
とりあえず相談してみればいいのよね。

実装担当じゃない人の方が色々見えてる気がした。
実装してると細かいところばかり見えすぎる。