読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【3D:ZBrush】ZBrushの本を買った

ZBrushフィギュア制作の教科書という本を書いました。
そして、一応チャプター4まで終えた。
(たまにわからなくて飛ばしながら)

はじめわからなすぎて困ったが慣れてくるとすごくいい本でした。
この本だけでやるのではなくわからないところをググりながら進めるといいと思う。
それはこの本が悪いということではなく、機能も多くて慣れない言葉だらけすぎて私の頭がついていかないだけで、多分どの本を買っても私はそうやって進めるような気がしている。根本的になんてワードでググったらいいかさえ見当がついていなかったので、ありがたき本です。

こんな感じで進めている

【3D:ZBrush】ZBrushはじめました。参考サイトなど。 
これを終えたくらいの人です。

デザインする

昔書いた絵を掘り起こして、正面と横を書いた。
「ロシュフォールの恋人たち」という映画の人。(似てないが)

f:id:kame0_0:20160505005959j:plainf:id:kame0_0:20160505005958p:plain

顔を作る

顔は一回作ったのだよ。ふふ。
と思っていたが、宇宙人にしかならない。

f:id:kame0_0:20160505010019p:plainf:id:kame0_0:20160505010021p:plainf:id:kame0_0:20160505010029p:plainf:id:kame0_0:20160505010030p:plain

体を作る

本の言う通り、正面をマネキンベースで作る。
いろいろなブラシの素晴らしさを感じる。

f:id:kame0_0:20160505010033p:plainf:id:kame0_0:20160505010036p:plain

ポーズつくる

本の言う通り、体を解体して変形してポーズをつくる。
パーツの分解を理解してくる。

f:id:kame0_0:20160505010038p:plainf:id:kame0_0:20160505010039p:plain

手を作る

凄いな。リグ。
あとここでポリゴンの整理を理解してくる。

f:id:kame0_0:20160505010040p:plainf:id:kame0_0:20160505010044p:plain

体を作り込む

手をくっつけて、体を作り込む。
こんなに生々しい体型を作るつもりはなかったが面白いのでよし。

f:id:kame0_0:20160505010045p:plainf:id:kame0_0:20160505010048p:plainf:id:kame0_0:20160505010050p:plain

テクスチャを書く

本だと次服を作らなければいけなかったのですが魔が差した。
テクスチャ書きながらモデルも同時に調整できるというのは素晴らしい。

f:id:kame0_0:20160505010053p:plainf:id:kame0_0:20160505010056p:plainf:id:kame0_0:20160505010059p:plain

下着をつけた

次はスカートだったのですが、キャプチャーとるのが可哀想になったきたので下着を着せた。次こそスカートだ。

f:id:kame0_0:20160505010100p:plain

まとめ

本当はもっともっとたくさんのことを本が教えてくれています。
粘土だけではなく、機能が豊富すぎて本に言われないと使わずに過ごしてしまいそう。

しかし本当はもっと細々とつまずいて苦労しているw

次は服を作るよ!楽しいゴールデンウィークを過ごしている。

しかし、まだ体験版なんだ・欲しい。買いたい。
その前に作りきれるかがすごく問題だ。